NCUT NCUT
NCUT
NCUT

日本で名高い建築士池上俊朗設計作品本学で展示

[発表日時] 2014-11-14 [出所] 建築芸術学院

 
 
 

 

2014年11月13日午後、日本で名高い建築士、京都市立芸術大学大学院指導教官池上俊朗教授の設計作品を本学の建築芸術学院に展示した。展示内容は建築、景観、室内設計などの19項目、家具製品10項目、展示板と投影機の方式全方位から池上教授が仕事に就いてからの40年近く分の設計業績を展示した。今回この展覧会は建築芸術学院が主催し、学院副書記の白传栋が責任者となり開会式を開き、国際部徐美副部長、建築芸術学院贾东院長、张勃書記他にもこの分野に関わる教師と学生が開会式に参加した。

開会式後、池上俊朗教授は《住居——空気中の微生物の気候》についての学術報告をし、続けてこの主題の設計理念を濃い内容でかつ簡単に説明した。
池上俊朗教授はURBAN GAUSS設計研究所所長、NPO日本環境生体協会主席、大阪緑化仕入れ係首席などの地位を受け持ち、学術界で高い名声を受けている。