NCUT NCUT
NCUT
NCUT
経済管理学部

Dean: Prof. Wu Yonglin


  北方工業大学経済管理学院は1994年に設立され、前身である管理系、経済系は別々1981年に、1982年に設立されました。本学院は教員、補導員、管理人全部62人あり、そのうち教授8人、副教授19人、講師29人あります。修士以上の学位を持つ教師は89パーセント占めています。学院には、管理、会計、貿易三つの学部、経済、管理、会計三つの研究所、そして経済管理シシュレーション実験センターがあります。修士課程と同等学歴課程は数量経済、企業管理、会計学三つあり、第二学位課程は工商管理ひとつあり、学部課程は工商管理、工程管理、会計学、国際経済と貿易四つがあります。本学院は、北方工業大学で教師が充実したり、研究能力が強ったり、授業レベルが揃ったり、一番多い学生を持ったりする学院であります。
  国家建設の需要と学科の優勢によって、本学院は授業の質をどんどん高めるとともに積極的に研究を進んでいます。近年、百項近くの研究項目を引き受け、ぞのうち、国家級“十五”“十一五”重要項目、国家自然科学基金と社会自然科学基金項目、数十項部級の研究項目も含めています。そして、110部あまりの著書、教材を出版し、百編の論文を各学術雑誌で発表します。
   学部紹介
  工商管理学部について

本学部は設立してから26年になり、充実的な教師を持ったり、学問の姿勢が厳格であったり、専門レベルが高ったり、北京市大学“学術革新団体”を持っています。そのほか、政府、会社などで勤めている兼職教師隊を持っています。首都建設のためを主旨として、“ビジネス技能と管理技能、パイオニア精神と規則意識、管理と技術の兼備”の特色を持ち、教室の授業と多様の管理実践の結合のパターンになっております。それを通じて、学生に“教授、専門家、マネージャ、ビジネスマン”知識を分かち合うステージと、“授業での事例分析、役割を演じ、実習、実践練習”を通して実践ステージを構築し、外国語、実践授業、情報技術の応用は四年で続けます。
  授業年間で外国語、数学など基礎課程のほか、ミクロ経済学、管理学、会社戦略管理、市場販売管理、財務管理、人力資源管理などの専攻課程を学びます。そして、管理技能開発、管理決策模倣、実習、投資分析課程デザイン、卒業実践を通し、働く中で学び、学生は系統的な管理訓練を与えられます。
  本学部の人材養成レベルは高いです。近年の“挑戦カップ”首都大学生創業計画試合で受賞する人が多くなったり、実習でのアンケート報告書と販売計画書と投資項目分析報告書は会社に肯定されたり、就職時大いに役を立っています。卒業生の能力は会社に褒められたり、社会の評価をもらいます。毎年、アメリカの大学と学生を共同に養成したり、一定の学部生は国内一流大学院に進学したり、同校で研究を続けたり、留学したりします。
  本学部の専攻方向は販売管理、項目管理二つあります。各企業特に新技術会社に向けて、着実的な企業管理修養、より高い情報技術応用水平を持ち、実践能力が高く、総合素質が強く、革新力を持つ高級応用型管理人材を育成します。学生の就職面は広く、市場需要に応じ、就職に見込みがあり、市場研究、販売計画、投資分析、項目評価、物流管理などの仕事ができます。
本学部は理科生だけ募集します。標準の授業年間は四年であり、管理学学士学位を与えます。
  工程管理学部について
本学部は応用型人材の育成を目的として、建築工程と管理知識の兼備の複合型人材の育成を特色します。工程技術理論と技能の学習を基に、系統的な管理知識を重んじたり、土木建築知識を固めたり、素質教育と管理能力の養成を強調したり、建築工程の実際問題の解決能力と、管理と組織と革新する能力を強化したり、そして項目管理、工程建築監理の学習に傾けています。それに通じて、学生に管理学、経済学、土木工程技術の知識を兼備させたり、現代管理科学の理論、仕方、手法を把握させたり、エンジニア基礎訓練を受けさせたり、国内外の工程建設領域で項目決策、全過程管理の仕事ができるように、複合型高級工程管理人材んになります、本学部生主な課程は、管理学、技術経済学、財務管理、経済学、市場販売学、統計学、戦略学、会計学、経済法、項目計画と統制管理、工程コスト、項目合同と購入管理、不動産開発と経営、項目融資、土木工程概論、理論力学、材料力学、構造力学、コンクリート構造設計原理などあります、本学部は理科生だけ募集します。標準の授業年間は四年であり、管理学学士学位を与えます。
  会計学学部について
本学部は着実的な経済学、管理学の知識を学んだり、系統的な財務会計方法と実用技能を持ったり、公認会計士と会計電算化の応用の訓練を受けたり、より強い会計実務操作能力とコンピューター利用能力を持ったり、正直的に会計監督各機構、企業、会計士事務所などで財務会計、会計監督の仕事をできるような応用型高素質会計管理人材を育成します。
本学部の専攻方向は、公認会計士、会計電算化などあり、会計実務操作能力とコンピューター利用能力の強化を特色として、四年間で、コンピューターオンラインの専門訓練を続け、授業内容を国際に接合し、実用性があります。専門基礎の学習と同時に、学生のキャリア計画の必要によってさまざまな選択コースを設け、学生に多くの自主権をあげ、個性成長の条件を作ります。
本学部は外国語などの公共基礎課程のほか、経済学、管理学、財務会計学、原価会計学、管理会計学、財務管理学、電算化会計、会計監督、政府と企業の会計、税務会計と納税計画、財会ソフトの設計、財務報告書の分析、資産評価実務、会計制度設計、金融企業会計、国際会計、経済法、税法、国際貿易実務、証券投資などの課程があります。そして、企業会計ソフトの利用、予算会計ソフトの利用、会計監督ソフトの利用、cpa技能訓練、会社財務技能訓練などの訓練課程もあります。
本学部は理科生だけ募集します。標準の授業年間は四年であり、管理学学士学位を与えます。
  国際経済と貿易学部について
  本学部の専攻方向は国際貿易と国際投融資二つあり、着実的な理論基礎、熟練的な実務、強い技能、上手な外国語を特色しています。“理論基礎ステージ+英語能力+専門実践技能”のパターンを実行します。国際貿易と国際投融資の基礎理論、実務技能、関連法律知識、外国語能力、コンピューターの利用能力、社会活動能力の養成を強調し、革新意識と革新能力の養成をもっと強調します。対外貿易企業、税関、保険会社、銀行など経済企業と国家機構、大学、研究所のために、国際貿易と国際投融資実務、wto規制に詳し、上手的に外国語とコンピューターを利用できる人材の育成を目的しています。
  本学部生の主な課程は、英語、コンピューター、経済学、国際経済学、貨幣経済学、国際金融、国際貿易実務、世界貿易機関概論、国際市場販売、国際技術とサービス貿易、対外貿易輸送と保険、国際決算、国際投資と融資、金融工程、国際商業交渉、税関管理と通関申告、貿易外国為替管理などがあり、そして国際商務総合模倣、国際貿易交渉模倣など訓練課程もあります。
本学部の育成計画には、基礎理論、英語、実践授業を強調し、別々に課程の三分の一を占めています。着実的な基礎理論、英語技能は
大学院の進学にとっていい条件となり、実践授業は就職時に役を立ちます。
本学部は文科、理科生とも募集します。標準の授業年間は四年であり、経済学学士学位を与えます。

                                             >> BACK